" 軽自動車の任意保険 安いことはいいことだ

軽自動車の任意保険はもっと安くできる

軽自動車 任意保険

軽自動車の任意保険、普通車より安いだけで満足していませんか?


軽自動車の保険料区分(料率クラス)は5ナンバーと4ナンバーの2種類だけです。

形式毎に料率クラスのある普通車より安くなるのは「当たり前」といっていいでしょう。


問題は軽の任意保険でも各社によって保険料の大きい違いがあることです。

同じ条件で保険料の差が1万円以上になるのも珍しいことではありません。


維持費の安いのが軽自動車の最大のメリットです。

維持費で比重の高い任意保険が安くなければ軽の魅力が半減されているかもしれません。


自動車保険一括見積もり(無料)で、

今の保険料は相場から見てどの程度なのか

自分の加入条件で今より安い保険会社はどこか

のチェックを簡単な入力で行うことができます。

一括見積もりは電話勧誘などの心配もなく安心して利用できる無料サービスです。

軽自動車の任意保険も合理的な通販型が安くなる

軽自動車 任意保険

軽自動車の任意保険は保険のタイプによって大きい価格差が出ます。

一括見積もりでの任意保険料の比較例をご覧ください。
最高と最安とでは約1万5千円、2倍に近い(1.9倍)差が出ています。

通販型の任意保険の安さは歴然としています。


◇軽自動車(5ナンバー)の任意保険料比較◇

AAA損保   31,620円 (代理店型)     CCCダイレクト  18,910円 (通販型)

BBB海上  28,930円 (代理店型)     DDD損保    16,670円 (通販型)


【条件】5ナンバー軽自動車,10等級,初度登録H20年1月,ゴールド免許,東京,30歳未満不担保,夫婦限定,日常・レジャー,
走行距離3000km未満,対人賠償:無制限,対物賠償:無制限,人身傷害:3千万円,搭乗者傷害:なし,車両:なし
(※軽自動車は保険料率区分が5ナンバーと4ナンバーだけでモデルの違いによる保険料の違いはありません。)


これを見るだけで軽自動車でも一括見積もり利用者が増えている理由がうなずけます。
また経済性が生命線である軽自動車こそ各社の比較が欠かせないことがよくわかります。

一括見積もりは最短5分の簡単な入力で複数社の見積もりを同条件で比較することができます。
450万人を超す利用実績があり電話勧誘などを受ける心配もありません。

通販が安いのには明確な訳がある

軽自動車 任意保険

通販型の任意保険が安くなる最も大きい理由は、代理店の手数料、支店の維持費など中間経費を省略して「直接取引」を行っていることです。

代理店手数料は保険料の20%にもなりますので、この差は決定的です。
代理店型の保険料が5万円だとすると、通販型はこの手数料分をはずすだけで保険料が4万円になります。

代理店業界の90%が副業のアマチュア代理店という日本の市場に、代理店を通さない直接販売で「適正価格」を提示していると言ってよいでしょう。


補償、事故対応、サービスなど国の認可事項については、通販型も代理店型も金融庁認可・監督の保険事業であるという点で全く同格です。

ネットで「通販は出し渋りの懸念がある」という指摘を見たりしますが、現実には1995年以降続々と明らかになった自動車保険不払い問題で明らかになった案件のほとんどが、代理店系大手各社のものでした。

問題があれば通販であろうが代理店であろうが金融庁が放って置かないということです。


■安い理由は分かるがいざという時大丈夫なのか?

「事故対応は保険会社が直接行う」のは代理店系でもダイレクト系でも同じことです。

代理店が事故対応のあっせんや仲介を行なえば法律違反になります。
事故の時の代理店のメリットはあくまでも「アドバイス」です。


ネットなどで「代理店の方が安心」だが「代理店探しが最も重要」というコメントが多いのは、アメリカなどと違い専業のプロ代理店が少ない(10%)という日本の市場の姿を表しています。

「代理店型の方がいざというときに安心」というのは、プロとしてのアドバイスが可能な専業の「プロ代理店」を通して契約する場合の話だと考えるべきです。


逆に通販型は、事故対応24時間365日受付、初期対応365日実施、豊富な無料ロードサービスなど顧客全員が均一のサービスを受けられるしくみになっているのがメリットです。



-ここだけのクルマのお話-
今売れている軽自動車は中古の人気も高く売れ行きがいいようです。
ですから軽は数ある車種の中でも値落ちの小ささではトップクラス。
間違っても軽自動車の査定・売却はディーラーで行わないでください。

●軽自動車で安くて安心な任意保険をお探しなら一括見積もりをお試しください。

安い任意保険をお探しなら自動車保険の一括見積もり【無料】が何よりのおススメです。

一括見積もりは一度の入力で複数の保険会社の見積もりを取り寄せることができます。

わかりやすい一覧表で各社の自動車保険を同条件で比較することにより最適、最安の保険が見つかります。

軽自動車は,ハイブリッド車の前から日本が世界に誇るエコカーです。

それは燃費がいいというだけでなく、車輌価格、税金などの維持費などが経済的で、エコロジーとエコノミーを両立するクルマでです。

中でも軽自動車の任意保険は普通車より安いことが多いので、それだけで満足してしまうことが多いようです。

保険料が安いだけにどこに加入しても保険料があまり変わらないんじゃないかと思いがちになります。

一度でいいですから、だまされたと思って見積もり比較を試してみることをおすすめします。

いくつかの保険会社の保険料を比較してみるとその違いの大きさに驚くことでしょう。

加入条件が同じでも保険会社によっては年間保険料が2倍近くも違ってしまうこともあります。

このことを知れば、軽自動車とはいえ、その任意保険料の違いを無視することはできません。

軽自動車の任意保険の場合も見積り比較をすることによって、保険料をかなり抑えることができるかもしれません。

保険料の安さだけでなく、あなたのライフスタイルにフィットする任意保険を納得して選ぶことが可能になります。

任意保険の更新時には、ぜひ1度、自動車保険の見積り比較をしてみることをおすすめします。


●軽自動車の維持費の中で任意保険はかなりの負担になる

保険代理店経由だと年間10万円を超える任意保険料も珍しくありません。

毎年必ず必要になる高額商品なのに、見積もり比較もせずにディーラーなど保険代理店の言いなりになり勝ちなのはなぜでしょうか。

確かに自由化の前までは自動車保険は各社横並びで選択の余地がありませんでした。

でも今は、数多くの商品から自分の眼で見、考えて最適の保険を選ぶことができます。

それでも毎年内容も調べずに高額な買い物を続けるのは保険くらいなのかも知れません。

ネットでは「通販は自分で勉強が必要ですよ」という代理店関係の方と思われるコメントが多いですが、毎年の高額な商品の勉強をしない方がおかしいのです。

代理店など従来型保険側にとって「勉強されると困る」ということなのかも知れません。

「自動車保険=高額商品」のイメージをしっかり持つべきではないでしょうか。

そして新顔である通販型への中傷や偏見から抜け出しましょう。

通販型の方が全体的に満足度で勝っていることは各種の満足度調査の結果が証明しています。


このページの先頭へ