" 代理店系のメリットとデメリット

代理店型のメリットは保険のプロのアドバイス

自動車保険 代理店系

代理店系は「代理店型」ともいい、代理店を介して保険会社と契約するタイプの任意保険です。

国内損保の多くがこのタイプであり、自動車保険自由化の前からある従前タイプです。


代理店はディーラーなどの兼業代理店が9割を占め、保険のプロによる専業代理店も1割と少ないながら存在します。

代理店系のメリットは、このプロによるアドバイスや相談が可能な点でしょう。


専業代理店であれば保険の知識に詳しいので補償内容について適切なアドバイスが受けられます。

対面で質問ができ気になる点を答えてもらえるので、補償などについて理解を深めたい人にはおすすめです。


ディーラーなど兼業代理店の場合、車のプロではありますが保険のプロではないのでこのメリットが期待できないことになリます。

この点が代理店系の最も注意するべきポイントでしょう。


身近で専業のプロ代理店が見つかる場合は、代理店系のメリットが十分期待でき、代理店型が有力な選択肢になるでしょう。

専業のプロ代理店が少ない…代理店型のデメリット

自動車保険 代理店系

ネットなどで「代理店探しが重要」というコメントをよく見かけます。

割高な保険料を払うのになぜ顧客のほうが代理店探しをするのかと疑問に思うかもしれません。


代理店型の保険料には2割の代理店手数料が一律含まれているので、本来は契約者の誰もがプロ代理店のアドバイス等が受けられる形になっているべきです

でも現実には、専業代理店は業界の1割に過ぎず、ほとんどの場合代理店型本来のメリットが受けられないようになっています。


「いざというとき代理店型の方が安心」というのは、専業のプロ代理店に恵まれた場合の話であるということになります。

保険料が割高なことに加え、この代理店の質の問題が代理店系任意保険のデメリットであることは間違いありません。


損保各社もこれまでの代理店の「粗製乱造」を反省し再教育などの対策を行っているようですが、状況改善にはかなりの年月を要することでしょう

専業代理店が身近に見つかるかどうかがポイント


専業のよいプロ代理店に恵まれたとしても、事故直後の初期対応などを代理店が行うわけではありません。

事故発生時の代理店によるあっせん・仲介は法令違反になり、行われることはありません。


「いざというとき代理店型の方が安心」という言い方には代理店が事故対応をやってくれるというニュアンスが含まれており、注意が必要です。

事故対応は保険会社が直接行うという点は代理店型も通販型も変わりありません。


代理店の方が事故現場に駆けつけることも無いわけではないでしょうが、できることはあくまでもアドバイスのみです。

ましてや兼業代理店であれば、電話でのアドバイスさえ適切なものは期待できないことでしょう。


「代理店があるから代理店型の方が事故対応が優れている」というイメージがあるとしたら、それは誤った先入観です。

事故直後の事故対応、初期対応は代理店の管轄外であることを正しく認識しなければなりません。


このページの先頭へ