" 軽自動車の任意保険料の比較例

軽自動車の任意保険料を見積もり比較してみる

軽自動車 保険料

自動車保険一括見積もりで任意保険の保険料を比較してみた例を紹介します。

最大20社、最大17社の一括見積もりでも、常に全社が見積もりに応じるわけではありません。

でも、申し込みの条件で見積もりに応じられない保険会社がわかること自体が、この段階での絞り込みになります。



◇軽自動車の保険料 比較例◇

AAA損保 31,620円(代理店型)  CCCダイレクト 18,910円 (通販型)
BBB海上 28,930円(代理店型)  DDD損保    16,670円 (通販型)

【条件】10等級,初度登録H20年1月,ゴールド免許,東京,30歳未満不担保,夫婦限定,日常・レジャー,走行距離3000km未満
対人賠償:無制限,対物賠償:無制限,人身傷害:3千万円,搭乗者傷害:なし,車両:なし

同じ車種・同じ補償内容なのに最大で約1万5千円の差になっています。
率にすれば約90%高ですから、ほぼ2倍に近い差があるということです。


このような軽自動車の任意保険の相場を知らないままだと、
せっかくの維持費の安さが保険料で消し飛んでいるかもしれません。


一括見積もりはこのような保険料の相場を知るためのとても強力な助っ人になります。
軽自動車でも一括見積もりで各社の相場を比較する人が増えています。


エコな軽自動車こそ相場を知って最適な任意保険にしたいものですね。

一括見積もりでの保険料比較例

軽自動車 保険料

軽自動車の例ではないですが、一括見積もりによる任意保険料比較の一例です。
同条件での各社の保険料の違いが一目瞭然です。

軽自動車でも同じ加入条件でこのような各社の保険料の違いが出ます。

アウトドア大好き30代ファミリー(※保険スクエアbangの公式ページから引用)
■年間保険料(対人-無制限、対物-2千万円、搭乗者障害-1千万円、人身障害-なし)

  • チューリッヒ   37,080円
  • ゼネラリ     37,910円
  • セコム損保    38,260円
  • アクサダイレクト 40,280円
  • ソニー損保    42,760円
  • そんぽ24    43,290円
  • 三井住友海上   50,040円
  • AIU      52,520円
  • あいおい損保   52,800円
  • 日本興亜損保   57,540円
  • 富士火災     56,990円
  • 東京海上日動   57,770円

【条件】 住所/東京、年齢/33歳、次契約/14等級、30歳以上担保、走行距離10000km、車体/ホンダ・ステップワゴン、型式/RF7、使用目的/レジャー、免許証の色/ゴールド、運転する家族/配偶者(30歳)、家族限定/なし、エアバック、ABS装置/あり、車両保険/210万円(一般、免ゼロ付)


一括見積もりの入力は難しくありません。
免許証、車検証、保険証券を準備すれば最短で5分、長くても15分程度で完了です。

既に候補を絞り込んでいる場合、指定する数社だけを比較することもできます。

保険料だけでなく補償内容、事故対応、ロードサービスなどの比較も可能です。

24社からどうやって相場を知る?


車の任意保険を扱う保険会社は現在24社(2010年10月)。

保険選びには、全社とはいかなくとも大手や人気の各社だけでも任意保険の相場を知って置きたいものです。

完全自由化で車の任意保険の価格などが各社の競争になってから、
自動車保険一括見積もりサービス【無料】の利用者がとても増えています。


任意保険の相場が1社や2社の見積ではわからなくなった原因は2つあります。

・中間コスト省略の通販型の登場により各社の価格差が一気に広がったこと。
・各社のリスク細分の違いにより同じ加入条件でも各社の差が出るようになったこと。


経験者のおすすめが誰にでも最適・最安にはならない時代になりました。
今や車の任意保険の相場を知るには一括見積もりが欠かせなくなったと言えるでしょう。

車の任意保険の相場が気になるならまずは一括見積もりを試してみたいものです。


このページの先頭へ